電気代を滞納した場合、どういった流れで電気が止められる事になるのでしょうか?

MENU

電気料金の支払い

 

家庭のライフラインといえば電気・ガス・水道ですが、このなかでも最も大切で止められると困るのが電気です。

 

なぜなら、電気がないと室内の温度調整ができないので、夏や冬は大変な事になってしまうからです。

 

 

場合によっては命に関ることもあり、止められると困る生活の必需品なのです。

 

とはいえ、どうしようもない状態から電気代を支払いができなかった…なんてことも起こりうるもの。

 

支払いが滞ってしまった場合、その支払いはどれくらい待ってくれるのでしょうか?

 

電気料金の支払期限と送電が停止されるタイミングなど…どうなっているのでしょうか?

 

 

まず、電気料金の滞納や止められてしまった事の説明よりも、電気料金の支払期限の仕組みについて理解しておく必要があります。

 

会社によって多少の違いはありますが、誰もが知っている東京電力を例に見ていきたいと思います。

 

電気料金の支払い義務は、検針日から発生します。

 

この検針日とは、電力スタッフが使用した電気量を計測する日の事。

 

東京電力での支払い期限は、検針日の翌日から30日目までであり、この期間を早収期限日と呼んでいます。

 

この早収期限日までに支払いを済ませてしまえばOKです。

 

早収期限日を過ぎてしまったら…

 

もしも早収期限日を過ぎても支払いがされなかったら…そこですぐに電気が止まるといったことはありません。
電気料金の支払期限は2回あるのです。

 

検針日の翌日から数えて早収期限日を過ぎた31日目〜50日目までが遅収となります。

 

遅収扱いになると、電気料金に1日0.03%の延滞金が上乗せされます。

 

年利としては、10%です。とはいえ、東京電力の場合は40日目までは延滞金がかからないシステムになっています。

 

例えば、4月分に使用した電気料金の検針日が5月1日だったとします。支払期限は5月31日までで、6月1日から遅収扱いにされて1日0.03%の延滞金が上乗せされます。でも、6月11日までに支払えば延滞金はかからないものとなります。そして、遅収の期限が6月20日間です。


各電力会社が設定する支払い期限

東京電力以外では以下のように早収期限日・最終期限日・延滞金が設定されています。

 

・北海道電力
早収期限日…検針日の翌日〜20日目
最終期限日…21〜50日目

 

・東北電力
早収期限日…検針日の翌日〜20日目
最終期限日…21〜50日目
*21日〜30日までは延滞金はなし

 

・北陸電力
早収期限日…検針日の翌日〜20日目
最終期限日…21〜50日目

 

・中部電力
早収期限日…検針日の翌日〜20日目
最終期限日…21〜50日目

 

・関西電力
早収期限日…検針日の翌日〜30日目
最終期限日…31〜50日目
*31日〜40日までは延滞金はなし

 

・中国電力
早収期限日…検針日の翌日〜20日目
最終期限日…21〜50日目

 

・四国電力
早収期限日…検針日の翌日〜20日目
最終期限日…21〜50日目

 

・九州電力
早収期限日…検針日〜20日目
最終期限日…21〜50日目

 

・沖縄電力
早収期限日…検針日〜20日目
最終期限日…21〜50日目

 

延滞金については、どの電力会社も1日につき0.03%となっています。

 

また、本島以外の離島の場合では、期限日が10日ほどずれることとなります。電力会社間で見比べてみると、早収期限日と最終期限日がわずかに異なってきているのですね。

 

 

ちなみに、期限日などの設定については、各電力会社のホームページにも記載されていますので、そちらもチェックしておくといいでしょう。

 

ただし、実際には交通や地理的要因から、必ずしも数字通りになるとは限りません。

 

電力会社から毎月もらう、検針票や振込用紙に記載されている早収期限日と最終期限日はいつなのか…要チェックなのです。


送電停止のタイミング

早収期限日を過ぎて、最終期限日も過ぎてしまった…なんてことになると、最終的には電気が止められることとなります。

 

 

電気を止める際には、いきなり予告もなく実行するのではなく、送電停止前に「もうすぐ電気を止めますからね!」といった内容の通知を送ります。

 

送電停止に通知が届くタイミングは、電力会社によって異なります。

 

・東京電力
送電停止日…約60日後
通知方法…送電停止の5日前に「送電停止予告書」が届く

 

・北海道電力
送電停止日…50日以降
通知方法…送電停止の5日前に「督促状」が届く

 

・東北電力
送電停止日…50日以降
通知方法…最終期限日後に「電力供給停止の予告について」が届く
*通知後、早ければ5日後には送電停止

 

・北陸電力
送電停止日…50日以降、2週間以内には実行される
通知方法…送電停止の5日前に通知が届く

 

・中部電力
送電停止日…約60日後(最終期限日から10営業日経過後)
送電停止日…最終期限日以降に通知が届く

 

・関西電力
送電停止日…51日以降
送電停止日…最終期限日を過ぎると「送電の停止に関するお知らせ」が届く

 

・中国電力
送電停止日…約70日後
送電停止日…最終期限日を過ぎると「送電お断りのお知らせ通知」が届く
*振込用紙の期限が失効すると送電停止

 

・四国電力
送電停止日…約60日後
送電停止日…最終期限日を過ぎると送電停止の通知が届く
*通知後、約5日後に送電停止

 

・九州電力
送電停止日…約70日後
送電停止日…送電停止5日前に「停止予告通知」が届く

 

・沖縄電力
送電停止日…60〜65日以降
送電停止日…最終期限日を過ぎると「送電お断りのお知らせ」が届く
*通知後、1週間前後で送電停止

 

 


電気代滞納した方の口コミ情報

 

 

東京電力で最長3か月滞納した39歳主婦!

コンビニ支払いにしていた頃に払い忘れがあり、督促状なども紛失してしまい電気を停められてしまいました。

 

夜の仕事をしていたので家にいる時間帯は灯りの不便はありませんでしたが、
電気を止められたのが真夏だったのでエアコンと冷蔵庫が使えなかったこと、携帯の充電ができないことは困りました。
電気が止まっている間、とにかく暑かったので窓を開けて過ごし、携帯はネットカフェで充電し、冷蔵しなくてよいカップ麺やシリアルで食事を済ませました。

 

 

昼のバイトも立て込んでいたのでなかなか支払えず、電気が停まってから1週間ほどで東京電力の方が集金に来てくれ、ようやく支払いを済ませ、無事に復旧しました。

 

 

払い忘れがないようにその場で口座振替の手続きを済ませ、それからは滞納することなく現在に至ります。
一番困ったのは冷凍食品や野菜など、冷蔵庫の中身がすべてダメになってしまったことです。
野菜やお肉など、買い溜めしていた一週間分の食料もすべて捨てざるを得ませんでした。
口座振替にしてから払い忘れはありませんが、残高不足にならないかと振替日前になるといつも口座残高をチェックするようになりました。今にして思うと、猛暑が続く8月のさなかに電気なしでよく1週間も過ごせたな、と思います。

 

九州電力で1か月滞納した32歳アルバイト!

基本的に水道光熱費を滞納したことは長い間ありませんでした。

 

しかし、昨年の10月、働いていたバイト先が何の前触れもなく突然閉店し、給料をもらえませんでした、恥ずかしい事に私はギャンブルが好きで、基本的にあまり貯蓄はありません。
働いたそばから家賃や食費、そしてギャンブル代に消えて行っています。なので基本的にその日暮らしのようなものです。

 

 

なので、突然収入減を断たれたわけですから、家賃で貯蓄はゼロ、食費もままならず、光熱費なんてもってのほかでした。
なので、滞納してしまい、警告の後電気が止まってしまいました…。

 

しかもオール電化のアパートのため、ガスもない…。幸い水道は出ましたが。とにかく冷蔵庫はとまる、レンジは使えない。しかも食費もままなりませんから、とにかく家にいませんでした。
知り合いや友人の家を訪ね回り、日雇いの仕事をしては、ネットカフェに止まったり、電気がなくては家にいられませんね。
電気が復活したのは、面接を受けまくってやっと新しいバイト先を見つけ、給料が払いこまれて電気代を納めてから。
はじめて電気が戻った瞬間の感動は忘れられません。冷蔵庫にやっと食料を入れられました。電気はつくし、お風呂も入れるし。

 

 

関西電力で2か月滞納した30歳主婦!

今の話ではありませんが、私が進学と一人暮らしをするにあたって、一人で生計を立てていかないといけなくなった時に滞納してしまい、住んでいる家の電気が止まりました。
支払いをコンビニ払いにしていたので、そのまま面倒な部分とお金があまりなかったのが理由でした。止まった時はあー、。電気って本当に止まるんだなと、思いました。この時は電気が止まってもあまり支障がなかった印象です。止まれば、その分電気を使わなくて済むんだ。ラッキーといった楽観的な気持ちでした。ですが何か困ったという事は携帯電話やスマホの充電が出来なくなってしまった事が不便でした。携帯電話がないと生きていけないって事だと思います。それに困って支払いに行きました。営業所まで行き支払いました。夜中に専用窓口で支払いました。これがはじめの事で次が彼と同棲した際にやってしまいました。これは一ヶ月分の支払いを忘れてしまい、止まりました。気がつくまで、何故止まったのかが分からなかったので、連絡し理由が分かりすぐに支払いに向かいました。二人で生活をしているともう電気がないと困りました。なのですぐに営業所まで支払いを済ませるべく向かいました。同じくこの時も夜中に行きました。現在はもうありませんが、子供も出来て電気がなければ不自由な生活だと感じます。

 

 

中部電力で4か月滞納した29歳事務員!

これは自身の体験というより当時のパートナーが滞納している様を見ていて「どうしたものか」と思ったことです。

 

同棲はしておらず別居状態ではありましたが週5日ほど行っていたので半リアルに体験しています。

 

電気料金滞納のきっかけは「冬なら電気って使わなくても生活できるんでね?」という阿呆らしい発言で、「ブレーカーを落とせよ」と突っ込みましたが「そうすると音を上げてしまったときにすぐ使えるからとなってしまうからギリギリまで追い込みたい」と返ってきて「元々色々おかしいところあったけれども本格的におかしいと分かった。頃合いを見て別れよう」と思いました。

 

阿呆らしいと思いつつもどれだけ耐えられるかしばらく観察してみたところ送電が止まった(3か月目くらい?)に真冬になり、早々に「夜真っ暗で何にもわからん」と返ってきました。

 

また冷蔵庫のものをベランダに出していましたが日中日が当たったようでだいぶ食材をダメにしたり、洗濯機が使えないから手洗いをしていたらしいのですがお湯を使っていたのでガス代が跳ね上がったらしいです。

 

「お金あるんならさっさと払って通電したら?」と伝えても「まだまだ!」とかいうので行く回数を減らしつつ見守っていたら部屋も段々汚くなってきて(掃除機が使えない・シーツが洗えない等)いよいよ私が「無理!」となって行く回数も会う回数も激減していきました。

 

最終的には停電してから2か月弱でようやく復活したのですが何の計画もなく「冬なら電気いらなくね?」と電気のありがたみを分からず単純に実行するあたりもう付き合っていけないと思い別れを告げました。昔のような「電気がない生活」ではなく「電気が無くなる生活」を目の当たりにしていかに電気料金滞納が怖いものかよく分かりました。

 

そういう意味では貴重な体験を見せてもらいました。

 

中国電力で1週間滞納した50歳会社員!

 

このときは年明けのせいか、いつもより請求がくるのが遅かったです。そして正月にお金を使いすぎて、気がついたら財布の中身は2千円しかなかったですこれが18日のことです。 支払期限は19日だったので当然電気は止まります。25日が給料日だったのでその間7日間は電気がとまりました。不便だったことは炊飯器はつかえない、冷蔵庫も電源が切れ、テレビ、エアコンも使えない、電灯もつかない、当然夜中は真っ暗でトイレに行くのも不便だったし、不便だったことはたくさんありました。25日に銀行からお金をおろし、払い込み用紙があったので、コンビニで払い込んでから電力会社に電話をして、1時間くらいで復旧しました。ほかの電話とかガスとかはそんなに苦痛ではありませんでしたが、電気だけはたいへん苦痛でした。 今回電気を止められてこんなに不便であり苦痛でもあったことを肝に命じて絶対電気だけは止められないようにしたいと思います。 私の家ではこんなもので済んだのですが、普通の家庭では、電気ストーブ、電気カーペット、空気清浄機といったものまで使えなくなります。いまや電気を使うものがたくさんあります。支払い期限を確認して絶対止められないようにしましょう。

 

東北電力で2か月滞納した49歳レジ業務!

 

電気代はいつも指定口座から引き落としになってましたが、電力会社の都合でメーターの検針後、10日以内に指定口座に入金がないと引き落としされないと変更されました。それをよく確認しなかったので変更後に電気を止められて初めて気づきました。ちょうど電気が止められた時は冬場だったので冷蔵庫は大丈夫でしたが、とにかく真っ暗なところにはいられないので急いでコンビニに支払いに行きました。支払い終わってから今度は電力会社に復旧のために電話を入れないと再開してもらえません。復旧作業は24時間体制になっていました。電話でお客様番号と家が不在の状態か聞かれました。誰もいないところで家電製品の通電が始まると火事の原因になるからです。あらかじめブレーカーを落としてから支払いに行ったのですぐに復旧作業をしてもらいました。電力会社は10分ほど作業時間がかかる、と言っていましたがすぐに電気を再開してもらいました。ただ支払い方法の変更に関して事前に連絡がなかったことは未だに腑に落ちません。メーターの検針日が統一されていればこんなことにはならなかったのですが、他の電力会社を利用している人に聞いても、「そんな話、聞いたことない。」と言われます。原発火災の影響で東北電力だけ変更になったのかはわかりませんが。

 

北海道電力で約2〜3か月滞納した31歳医療事務員!

 

電気が切られたのは一昨年位だったと思います。 一緒に同居している相手が電気代の支払いを忘れていたみたいで、 それを知らなかった私は普通通りに仕事と買い物を終えて帰宅しました。 夜ご飯を作ろうとお鍋に火をかけてそんなかからず、レンジ、電気、テレビもブツッと切れて、 一瞬はい???ってなりました。 でも火はついてるし、いきなり停電??その時は夜の6時頃で、辺りは真っ暗。 だけどお隣の家は電気ついてる。だからおかしいなあ〜と。 このまま火だけつけてても料理は無理そうだなあと思いました。一人でいたのでどうしていいかわからず 相手に電話し、停電?になったみたい!だけど周りの電気ついてるんだよねえと伝えたところ、 支払い忘れてた。。と。私は相手の帰りを真っ暗ななか、ぼーっつと待っていました。 その日は、お風呂もご飯も外で済ませ、その夜はずっと真っ暗なまま過ごしました。 100円均一で買ったタッチライトが初めて役にたった瞬間でした! 今もリビングの隅に電気が切れた時に備えて置いてあります。 初めての滞納で最初一人っだったのもあって、停電じゃなくて本当にほっとしました。 翌日は相手が支払いに行ってくれたので、その日の夜はちゃんと明るい状態に戻っていました。 冬でなく、春頃?だったのもあり、あまり焦ることなかったかと思います。 かなり前の出来事だったのでうろ覚えみたくなっていますが、宜しくお願いします。

 

東北電力で4か月滞納した33歳求職中!

 

電気代が払えなかった理由は、支払いを忘れていた為です。お金自体はあったのですが、日々の忙しさにかまけて先延ばし先延ばしにして、気がついたら4ヶ月。何度か督促状は届いていたのですが、まさか本当にとめられると思っていませんでした(笑)電気が使えない間、部屋の明かりはろうそくで過ごしました。それはそれで良さはあったのですが、やはり本を読んだり書類を書いたりするのは難しかったです。また、冬だったため、ヒーターを使えず非常に寒い思いをしました。東北冬でしたので、基本的に家では毛布に包まり、日が沈むと何もできません。携帯の充電は昼間にマクドナルドやカフェでしました。もちろん、モバイルバッテリーも一緒に。私が一番辛いと思ったのはやはりシャワーですね。お風呂も電気温水器だったため、冬場にも関わらず冷水のシャワーしか出ません。一度チャレンジしてみましたが、さすがに断念。基本的には彼氏の家でシャワーを浴び、それができないときはインターネット喫茶に行きました。震災のときのようにやかんでお湯を沸かして水と混ぜる、という方法もあったのですが、当時とは違って外にはシャワーが浴びれる施設があるため、そちらを利用させていただきました。その生活に耐え切れず、電力会社に電話して電気代を支払ったら、すぐに復活しました。こんなに簡単だったのかと拍子抜けしたのを覚えてます。それからすぐに水道光熱費はカード払いの手続きをしたため、このようなことはなくなりました。      ※大変お言葉ではありますが、入力フォームが「文字入力(一行)」となっているため、改行する事が出来ませんでした。「文字入力(複数)」としていただければ改行する事が出来ると思います。よろしくお願いいたします。

 

関西電力で1か月滞納した31歳専業主婦!

 

結婚してからどうしても払うお金がなく4カ月分 を 滞納してしまい外出から帰宅したら電気を止められていてビックリでした。 結婚し親から自立して家庭を持ちました。子供の頃 は、親が払ってるくれてるからといっぱい電気使ってたのにと反省。恥ずかしいですが4カ月分の電気代を 払えるように親には、頼らず旦那と共働きしながら働いて滞納分を払えた達成 感は、何とも言えない気持ちになりました。光熱費 を使ってる時は、当たり前なのに止められると心もしんどくなって滞納をしては、行けないと気持ちがなって電気代が届いたら直ぐ払いに行くようにしてます。電気が復活した経緯は、滞納分を完全に払ったからだと思います。電気をつけての生活がどれだけ有難い事なのか身に染みました。懐中電灯での生活が続いた時は、テレビも付かなかったけどテレビなくても何とかなるんだて 思えて乗り越えれた。不便だった事は、トイレやお風呂電気は、必要なんだけどこれも懐中電灯で乗り越えた。まぁ何にしろ生きて行く中で光熱費は、必要使うからには、それなりのお金もかかります。絶対に滞納は、良くないと勉強出来ました。電気が払えなくなり友達も呼ばない生活は、本当にしんどかったです。少しでも

 

関西電力で半年滞納した46歳アルバイト

 

電気代を払う前に他にある支払いの滞納を順々と自転車操業の支払い技で、なんとかやっておりました。しかし足のけがをして、約10日、勤務できなくなってしまって、収入が激減してしまいました。とにかく働いた収入を、優先順位の高いものから支払っていたら、電気代が払えなくなりました。催促が何回か来て、停止をくらいました。、くらったのが、春先だったので、最初は夜をアパートの街灯の近くの方で寝起きをしていました。また、お風呂は、湯沸かしの着火に電気を使うため使用できず、水シャワーをするしかなかった、最初は冷たくとブルブルしていたが、だんだん気温上昇とともに水温が上がり、快適に水浴びができました。テレビ、電話は使用不能、携帯電話は会社の電気を使い充電、なんとか携帯電話だけは、しのげました。そういうふうに暮らしていて、最後のピンチは食事、自炊していて、アパートがアイエッチシステム、電化だったので、ごはんを食べる時は最初は、コンビニでカップ麺、その後カセットコンロを買いまして、火は、御法度なんですが、ナイショでごはんを作りました。ただ十分な物は作れませんでしたから、だいたい煮たものを食べてしのいでおりました。そうこうするうち金策もなんとかなり、お金を払う算段がついたので、支払いました。その後電力復旧、まぶしかったです。残暑が残っていたので、クーラーをつけ久しぶりの感動に浸りました。やっぱり滞納はしんどいです。冬だったら、やばかったかもしれません

 

東京電力で1か月滞納した32歳アパレル店員

 

働き始めの頃、お給料配分を間違えてしまい、飲みに行ったり遊びに行ったり買い物したりとやたらとお金を使っちゃう月があったんですよね。まずいなーとは思っていながら、電気代の支払い用紙も放置してすっかり忘れてしまってたんですよね。。。そしたら、ある日終電でアパートに帰ったら、なんと電気がつかない!!やばい!電気代払ってないからだーっ!と思って急いで暗闇の部屋の中、支払い用紙を探しました。。ケータイの明かりを頼りに。この時本当、ケータイの充電が切れてなくて良かったー!って思いましたょ。なんとか泣く泣く支払い用紙を見つけて、近くのコンビニまでダッシュ!支払いを済ませて、そのまま東京電力に電話。今支払いしましたー。と伝えて、手配までに時間がかかるかも、と言われ、私が悪いのでわかりましたとしか言えず、、、でも、電話してから15分くらいで電気が復活!ほんとーーにホッとしました。復活するまでは電気会社の方にも会わないですし、恥ずかしい思いはしなくて済んだけど、申し訳ないなーって気持ちでいっぱいに!暗い自分の部屋で明かりがつくのを待ってると、本当に心細いし、情けないし、、、もぅ2度と気をつけよう!と心に誓いました!

 

北海道電力で1ヶ月半ほど滞納した22歳大学生!

 

私が電気料金を滞納した理由は引っ越しをしたタイミングで前の家での電気料金を支払い忘れていました。引っ越した先での電気代など光熱費は名義が主人だったため、他の支払いを済ませたことで済んでいると勘違いしていました。光熱費は新しい居住先では全てクレジットカードでの支払いを指定していたため、うっかりしてしまった原因だと思います。また、新しい居住先でも問題なく生活できていたため、すっかり頭の中から消えていました。しばらくして、郵便物で支払いの請求が届き、そのことを思い出して支払いを済ませました。一人暮らしの家から引っ越すというのは初めてで、その前は実家暮らしでしたので、今回のことで勉強になりました。今後は公共料金はクレジットカード払いなのでおそらくこのようなことはないと思うのですが、、、。支払いが重なると支払ったものとまだ支払っていないものがわからなくなってしまいました。これからまた支払いが重なったりスケジュールが重なったりする場合は必ず予定を管理していこうと思いました。電気は今回名義が主人になったので使えましたが、使えない生活を考えられないですね。携帯電話の充電も明かりも洗濯などもできないと考えると気をつけようと思います。

 

東北電力で1ヶ月滞納した23歳大学生!

 

私はいつも電気料金をコンビニで毎回支払っています。毎月5〜7日ごろに東北電力から納入通知書が届く形にしております。1度だけ電気代が払えなかった時があり、それは単に支払いを忘れてしまったからです。大学のある仙台から、地元に帰省した際に電気料金の支払い通知書を持っていきました。私は堕落した人間でありまして、支払い期限ギリギリにならないとお金を払わない性格です。この帰省した時も、「支払い期限ギリギリまで払わないでおこう。」と心に決めていました。不幸なことに、通知書が私のカバンの死角に入ってしまい存在を忘れてしまいました。しばらく経った後にようやく気付いて、近くの郵便局の窓口に提出しましたが、職員の方に支払期限が過ぎていることを指摘されました。その後、東北電力の方から電話を頂き、もう一度支払い通知書をすぐさま送るとのことでした。しかし、いつまで経っても支払い通知書が届かないのでもう一度問い合わせたところ、私の実家ではなく上京先のマンションに送ったとのことでした。「実家に送ってください」と一言言えば良かったなと後悔し、焦りましたが、急いで上京先に戻り通知書を持ってコンビニで支払いました。本当に電気が止まらなくて良かったと思いました。これ以降通知書が来たらなるべく早く支払うようにしています。

 

北陸電力で1か月滞納した29歳会社員!

 

銀行で毎回振り込むようにしていたのですが、仕事が忙しく振り込みに行くのを忘れてしまいました。電気が翌日から使えなくなりますという旨のハガキが来て、慌てて夫と一緒に振り込みに行きました。電気が使えなくならなくて本当にホッとしました。それ以降、自動引き落としにしています。どうして手動で振り込む設定にしていたのか未だにわかりませんが、手間がなくなってもっと早く自動引き落としにすればよかったのにと思います。しかし、毎回振り込みに行くと電気の使いすぎは意識できるので、その点では手動で振り込み用紙がきてから振り込みに行くというのもメリットはあるとは最近感じています。(ちょっと最近、電気の使用量がかさんでいるので・・・)先月は電気の使用量が5000円を超えてしまいました。公共料金の支払いは意識していないことがほとんどですが、見直してみると節約できるところがいろいろあるので気をつけていきたいです。引き落としするものなどは全て一括で一人の人が家族の中で担当するようにしたほうが、払忘れや使いすぎを抑制できるので良いと思われます。我が家も夫が把握しているものと私が把握しているもの、別々なので一括で私が管理しようか検討中です。

更新履歴