送電された後に支払いを済ませたら、すぐに電気がつかえるようになるのでしょうか?

MENU

送電開始はどれくらいかかるのか?

支払い期日を過ぎてしまい、送電ストップの通知が届き、その数日後にいよいよ電気が止められた…。

 

そうなると、生活がとても困難なものとなります。

 

夏の暑い時期や冬の寒い時期では、その気温からも命に関ってくることも考えられます。

 

送電停止を解除してもらうのは、滞っているお金の支払いを済ませてしまうしかありません

 

払うお金が無いなら、下の方法でお金を工面してはどうでしょうか?

 

キャッシング

 

これが一番手っ取り早くお金を準備できます。

 

 

プロミス

プロミスでは平日14時までにWEB契約完了で当日振込してくれる瞬フリが人気です。

 

14時が過ぎた場合でも審査の後に自動契約機に行けば、当日借りることができます。

 

瞬フリを利用するには三井住友銀行orジャパンネット銀行に口座を持ってる必要があります。

 

30日間無利息サービスも実地中!
(※メールアドレスとWeb明細利用の登録された方限定)

 

審査が不安な方は3秒でわかる簡単診断がおすすめです。

 

 

http://cyber.promise.co.jp/

 

 

いらないものを売る

 

 

バッグ、財布、着物、切手、古銭、毛皮、お酒、ブランド品、時計、宝石、金券、アクセサリー、骨董品、洋服でいらないものがあれば、
売ってお金にしましょう!

 

買取プレミアムでは、出張訪問、持ち込み、郵送宅配の3つの手段で査定してもらえます!

 

全国に査定員がいるので、
最短30分で無料出張査定してもらえます!

 

 

https://kaitori-premium.jp

 

 

 

では、いったん電気を止められて、その後滞納したお金の支払いを済ませた場合、どれくらいの時間で元通り電気が使えるようになるのでしょうか?

 

滞納していたお金が用意でき、電力会社に連絡して指示通りに支払いをおこなったら、再度電力会社に電話します。すると、一般的には数時間ほどで送電が開始されるものとなります。送電開始までの時間については、どの電力会社も24時間体制で電話対応はしているものの、送電開始までの時間は若干の違いがあるようです。

 

・東京電力
送電再開までの時間…2時間程度
*24時〜9時の間は送電再開をすることはできません。

 

・北海道電力
送電再開までの時間…特に決まりなし
*管轄地域によって異なります。

 

・東北電力
送電再開までの時間…5分〜3日
*夜間工事の対応は管轄地域によって異なります。

 

・北陸電力
送電再開までの時間…1時間前後
*夜間工事対応

 

・中部電力
送電再開までの時間…1〜2時間内に再開
*夜間工事対応

 

・関西電力
送電再開までの時間…1時間半〜2時間
*夜間工事対応

 

・中国電力
送電再開までの時間…1時間半〜2時間
*夜間工事対応

 

・四国電力
送電再開までの時間…1時間〜2時間
*夜間工事対応

 

・九州電力
送電再開までの時間…1時間前後
*夜間工事対応

 

・沖縄電力
送電再開までの時間…3時間以内
*22時〜翌8時半までは送電再開不可

 

夜間に送電再開作業をしてくれるかどうかは、電力会社によって異なりますので、できるだけ昼間に入金・連絡するようにしましょう。住んでいる地域によっては、あっという間に送電が開始されるところもあれば、時間がかなりかかるところもありますので要注意です。夏や冬は命にも関るので、できるだけ送電停止になる前に対応するようにしましょう。ちなみに、送電停止を解除するにあたっては、立ち会う必要はありません。

 


引っ越せばチャラになる?

電気の送電をストップされても、延滞した料金を支払わなかったら、10日ほどで契約自体が強制解除されることとなります。それでも支払わなかったらどうなるのか…?

 

たとえば、支払わないまま別の地域に引越しをしたとしても、その転移先に請求書が届けられます。遠くに逃げても、未払いのまま逃げることはできないのです。しかも、理由もなく支払わないとなると、裁判を起こされることもあります。そして、たとえ支払ったとしても、新しい引越し先での電力会社との電気契約を結ぶ際に、保証金を要求されることもあるのです。

 

電気は生活に欠かせない必需品です。それを踏み倒す事はできませんので、事情があったとしても支払うようにしなければいけません。

 

 

>>お金を工面する方法に戻る